スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S田ですよ

こんにちは。文豪ファン倶楽部会員ナンバー29番、S田と申します。
文豪ファンを名乗りながら知識は米粒ほどですが、愛と熱意はあります。どうぞよろしく。

折角ブログを立ち上げたのだから何か書こうと決意して数日、書こうと思えば思うほど書けなくなるのはなぜなのでしょうね!初回ということもあってか、何を書こうかまとまらない・・・まま、書き始めてしまいました。

さて、何書こう^^

・・・^^;

自己紹介代わりに、好きな文豪について語らせていただきましょうか!
好きな文豪は?と聞かれたら、わたしは迷いなく 夏目漱石です と、答えます。文豪と呼ばれる人々は数多く存在しますが、なかでも漱石先生はわたしにとってのオンリーワンでナンバーワン・・・すなわちマイジャスティス!哲学ゼミに属しながら漱石先生で卒論を書いてしまうほど、漱石先生に夢中であります。(評価はそんなによくなかったです、もちろん。笑)

では、漱石のどこがそんなに好きなのか?と尋ねられたら。わたしは、「表現論的な観点から答えるなら、文章表現や言葉の選び方が好きですが・・・」と言い淀んでしまうに違いありません。何しろわたしは漱石先生の為人やその生き方、心の持ち方に強く影響を受けている人間ですので、もはや漱石作品が好きなのか、漱石先生自体が好きなのか、自分でも判りかねているのです。
なぜここまで漱石先生に惹かれるのか?わたし自身、その答えを得たくて約1年間漱石先生についてみっちり勉強したわけなのですが・・・たったの1年では答えに行きつくことが出来るはずもなく。知れば知るほど惹かれてゆく、読めば読むほど好きになる。わたしは今もまだ漱石ワールドをうろうろしながら、その魅力の根源を探っている最中なのです。


思いの外長くなりそうなので、今回はここで打ち止めとさせていただきましょう・・・!
これじゃあただのイントロダクションですね。好きな文豪について語らせていただきましょうなどと言っておきながら、語るところまで至らなかったですね。
漱石先生の魅力については追々語らせていただきます!と いうことで いい よね!?

最近ふざけた文章しか書いてないのでたったこれだけを書くのにかなり時間がかかってしまいました。ツイッターって恐ろしいですね^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。