スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二段!

みうらです!

我らが人気者中原中也と太宰治の話から始めましょう。
前回はお酒の席の話でしたが、今回は中原中也が太宰治の家に押しかけたエピソードをご紹介します。
中原と太宰と檀一雄の三人で飲んでいたところ、中原の絡みにうんざりした太宰が先に逃げ帰り、これに激昂した中原が太宰の家に押しかけたと言います。
奥さんの「津島は、今眠っていますので」に対し「何だ、眠っている?起こせばいいじゃねえか」という中原、
さらに勝手に二階に上がり「関白がいけねえ、関白が」と喚き散らしたという。
こりゃあんまりだと思った檀一雄が中原を止めようとすると、「なんだおめえもか」と喧嘩腰になったので、
雪道に引きずりおろし背負投をキメたという檀君の武勇伝も残っております。
このとき中原は「わかったよ。おめえは強え」といったそうです。この台詞いつか使いたいですね。


長くなりました、これを踏まえての


201108212202000.jpg


気になるアイツのうちへGO☆小悪魔押し掛け用Tシャツ!
嫌いな奴の家に押しかけてもいいけど、誕生日のサプライズにみんなで着ていくってのも歪んだ友情って感じで乙じゃないですか!?
前回のTシャツと揃えて持ちたい中原喧嘩シリーズ!
今回は100均じゃないTシャツに刷ったので明日から着れるぜ!イエイ!!

ちなみに小林秀雄のTシャツも作ろうとしたんですが失敗に失敗が重なりできませんでした・・・
中原のばかりできてしまうのが・・・悔しい・・・!

この調子で少しずつ作っていきたいと思います!
それでは!
スポンサーサイト

くらぶ!

某4コマみたいなタイトルにしようとしたら3文字だった。フジタです。ファン倶楽部の中では現在唯一の男しかも工学系。文学とは最も離れた組織に属しています。愛媛出身ですが坊ちゃんは容認派。あ、ちゅうやスキー、けんじもスキー。あめゆじゅとてちてけ(以下略

早速ですがこの方、大手拓次どう思う?大手拓次の写真
格好いいと思わない?個人的にはこの髪型がきてる、アンバランスな髪型がイイネ!こんな人がひびきのなかに住む薔薇よ書いてるとかちくしょう同じ男として頭が上がらない。(個人の感想であり、イケメンの基準を確約するものではありません)

ところで世の中には「イケメンだと思う日本の文豪ランキング」なんてものもあるんですね。うちの倶楽部でも誰がイケメンみたいな話をするし(先にみうらも言ってたね)、割とみんな文豪の容姿って興味あるんだ。
どうせなら文豪イケメン投票うちでもやりたいですね!というか文化祭当日にやってるかも?!

というわけで今回はイケメンの話だったよ。
着物着て文豪のようにイケメンになれるならなってみたいフジタでしたノシ

おまけ

いや、ついやってしまったんだが、小林秀雄のファンは見ない方がいいかもしれない
すべてのイケメンには辱めを特に小林にはな!と願う全国の中原中也さんはどうぞご覧になって

(親切設計の空白)






誰でもやりたくなるじゃん 思ったよりいい表情してたからさあ
201108102052000.jpg
愛だよ愛

カラーインク到着!

みうらです!

ふふっインクが届きました・・・!
201108102012000.jpg
やる気になればこれで多色刷りもできちゃうんだぜ!!
手間かかるけど楽しそうだよね!


そして次回予告・・・次はこれを作りたいのだ・・・

image(2).jpg

小林秀雄だよ!「そうかもしれぬ そんな気もする」の小林秀雄だよ!イケメンだろっ?こんなイケメンだったんだぜ!
文章が超かっこいいからビジュアルとかどうでもええわと思ってたらさあ、これだよまったく!
原稿作りながらあーかっこいいと思ってそんな自分がきもくてああ夏だなあと思いました
ここで一曲、作詞佐々木信綱、作曲小山作之助『夏は来ぬ』

卯の花のにおう垣根に 時鳥早も来なきて 忍び音もらす 夏は来ぬ
さみだれのそそぐ山田に 早乙女が裳裾ぬらして 玉苗ううる 夏は来ぬ
さつきやみ蛍とびかい 水鶏なき卯の花さきて 早苗うえわたす 夏は来ぬ

そんな真夏の頭で版を作ってたら手順を間違えて三枚のフィルムをお釈迦にしました 
フィルムが切れたので版の作成は当分お預けです。本当に君にはげんなりくんだよ。アホは五臓六腑をねじ切るぞ。

次回には印刷したものをご覧に入れましょう
それでは、また!

S田ですよ

こんにちは。文豪ファン倶楽部会員ナンバー29番、S田と申します。
文豪ファンを名乗りながら知識は米粒ほどですが、愛と熱意はあります。どうぞよろしく。

折角ブログを立ち上げたのだから何か書こうと決意して数日、書こうと思えば思うほど書けなくなるのはなぜなのでしょうね!初回ということもあってか、何を書こうかまとまらない・・・まま、書き始めてしまいました。

さて、何書こう^^

・・・^^;

自己紹介代わりに、好きな文豪について語らせていただきましょうか!
好きな文豪は?と聞かれたら、わたしは迷いなく 夏目漱石です と、答えます。文豪と呼ばれる人々は数多く存在しますが、なかでも漱石先生はわたしにとってのオンリーワンでナンバーワン・・・すなわちマイジャスティス!哲学ゼミに属しながら漱石先生で卒論を書いてしまうほど、漱石先生に夢中であります。(評価はそんなによくなかったです、もちろん。笑)

では、漱石のどこがそんなに好きなのか?と尋ねられたら。わたしは、「表現論的な観点から答えるなら、文章表現や言葉の選び方が好きですが・・・」と言い淀んでしまうに違いありません。何しろわたしは漱石先生の為人やその生き方、心の持ち方に強く影響を受けている人間ですので、もはや漱石作品が好きなのか、漱石先生自体が好きなのか、自分でも判りかねているのです。
なぜここまで漱石先生に惹かれるのか?わたし自身、その答えを得たくて約1年間漱石先生についてみっちり勉強したわけなのですが・・・たったの1年では答えに行きつくことが出来るはずもなく。知れば知るほど惹かれてゆく、読めば読むほど好きになる。わたしは今もまだ漱石ワールドをうろうろしながら、その魅力の根源を探っている最中なのです。


思いの外長くなりそうなので、今回はここで打ち止めとさせていただきましょう・・・!
これじゃあただのイントロダクションですね。好きな文豪について語らせていただきましょうなどと言っておきながら、語るところまで至らなかったですね。
漱石先生の魅力については追々語らせていただきます!と いうことで いい よね!?

最近ふざけた文章しか書いてないのでたったこれだけを書くのにかなり時間がかかってしまいました。ツイッターって恐ろしいですね^^

Tシャツをつくってみた!

みうらです!

今日は我らがスーパーアイドル太宰治君と、同じく超絶人気を誇る詩人中原中也のお話から始めさせてください。
太宰は女癖が悪い、中原は酒癖が悪いという言葉があるそうですが、その中原が酒の席で太宰に絡んだという話があります。
太宰は中原を尊敬していた事もあって、最初はまあ和気あいあいと話していたそうですが、お酒が入るにつれて中原が段々面倒になってくる。
しかも中原のその時の文句がやたら詩的。
「何だ、おめえは。青鯖が空に浮んだような顔をしやがって。全体、おめえは何の花が好きだい?」
これに対して太宰は泣きそうな声で「モ、モ、ノ、ハ、ナ」
中原「チェッ、だからおめえは」
と、このようなエピソードがあるのですね。(詳細は檀一雄『小説 太宰治』まで)

それを踏まえての、絡み酒用Tシャツ


NEC_0774.jpg
飲み会マストアイテム☆みんなの視線、頂いちゃいます☆
試し刷りだけど、はやくちゃんとしたの作って着たい!みんなでこれ着て飲み会したいよね!


あと夏目先生のTシャツも作りました!
NEC_0773.jpg
橋口五葉の装丁です。たしか初版の表紙?だよね・・?


まだ試作の段階ですが、この調子でTシャツを作っていきたいと思います!
原稿を図書館でプリントするの超恥ずかしいけど、これを外で乾かして版作るのも超恥ずかしいけど、負けない!!
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。